大変であった。

前回に引き続きなかなか大変な夜勤であった。

認知症の利用者が一人夜間徘徊の人がショートステイで入ってくるとそれに呼応して他の利用者の夜間不穏になる傾向があって大変であった。
寝られないのは仕方がないとしても他の人が呼応して起きてくるのは困る。
他利用者の介助が出来ない。
おまけに朝食直後に急変する人がいて大変であった。
そこからの記憶があまりない。
取りあえずその利用者は大事に至らなくて良かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月30日 07:08
大変なのな。病院でも、お年寄りが夜間に大声で喋っていたりトイレに行くたびにガチャガチャうるさかったりで他の人は迷惑なのな。でもそれを対応する看護師はもっと大変なので「俺日記」さんと同じなのな。頑張って、心からエールを送りまする。
PS、「フルチューン」さんへ。私は元気なのな。
フルチューン
2006年12月02日 21:35
こんばんはっ!
いきなり数日前の日記にコメントすみません。
俺様さんからのメールやニャー太さんからコメントもらってたので、この場をお借りしましたぁ。(;^^)
ミクシやってても更新すらろくすっぽ出来ない横着野郎に成り下がってしまってすみません。
自宅のPCが現在子供の寝室になった部屋にあるので、20時以降の閲覧が厳しいっす(泣)

それよっか、ニャー太さん!
ブログ久方ぶりに拝見させてもらいましたが、大変でした。
本当に。
そして回復してきているようなので、すごく良かったですよ。
にしても、リハビリでスクワット・・・・??
刺激的というかハードすぎますねぇ(-_-;)
一応私はガテン系ですが、スクワットやったら翌日立てないなぁ。
それで予定では明日抜糸で、リハビリ次第で退院ですかね?
一刻も早い復活に向けて、がんばって下さいね♪

この記事へのトラックバック