あれだ

なんか今日は何も書くことがない。

今日は実習生が利用者に話しかける度に
「トイレですか?」
などと聞くものだから意味もなくトイレに来てしまって意味がない。
おかげで排泄をうまく訴えられない人をトイレに誘導することが出来なくて失禁三昧だった。
そもそも、介護の大学からの実習生のくせに話しかけたらいきなり
「トイレですか?」
は普通しないだろ。
学校ではそんなことを教わってきたのだろうか?
施設に生活をしていて別に排泄だけをするためにそこに住んでいるわけではない。
あなたと同じ人間だから排泄以外にもいろいろすることがあるのだから、無理矢理言いくるめてトイレに連れて行くことはない。
こちらは排泄のタイミングを考えて介助しているので実習生がしきらなくても良い。
自分はその排泄介助に振り回されてそのことを実習生に言うことは出来なかったが、他の職員もだれも注意はしなかった。
自分も振り回されて困ったが一番迷惑が掛かるのは利用者の方である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック