12/30のパソコンのチラ裏

サブPCをXPから7に変えて古いアプリケーションが使えないしと思っていたが、XPmodeがあったのを思い出して導入してみた。
インストールは時間はかからなかったものの、ウインドウズアップデートが時間がかかること、10時間も掛かってしまった。
HDDは古いものを流用しているのだが、今のHDDの1/5の速さなのが良くない。これには参った。
オフィス2000をインストールしたが全く問題なかった。
もうXPいらない感じ?
メモリの設定を増やせば早くなるに違いないと思ったら起動が遅くなるみたいで元に戻した。
次は古いスキャナをインストールしてみようかと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かめきち
2011年12月30日 16:36
私もソフトウエアや周辺機器が古いものばかりのためWindows7への乗り換えが思い切れませんでしたが、今年の春やっと導入しました。ソフトや周辺機器のドライバーの互換性を考え、Windows7はProfessionalの32ビット版のDSP版を買いました。
XPモードも導入していますが私もご指摘と同様の状況です。それにXPモードは何かにつけてとろいですし、最近は全く使用していません。と言うのは、32ビット版だとXPモードに頼らなくても、手持ちのほとんどの古いソフトウエアが問題なくWindows7上で動作するので助かっています。

この記事へのトラックバック